/

この記事は会員限定です

ワクチン接種、集団・個別・職場の3方式

併用の自治体増加 効率配分や住民対応が課題

[有料会員限定]

新型コロナウイルスのワクチン接種方法が具体化し始めた。主に大型会場での集団接種、身近な診療所での個別接種、職場での接種の3つで、集団と個別を併用する自治体が増えている。低温管理が必要なワクチンを無駄なく行き渡らせる仕組みの構築や、接種の担い手となる医師らの確保が課題になる。

厚生労働省は当初、大規模事業を迅速に進めるため、自治体に人口5千人あたり1カ所程度を上限に会場を置き、集団接種を軸に準備す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1282文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン