/

この記事は会員限定です

スイカ利用を地方で伸ばせ

JR東、バス会社やマイナと連携も 定期券減収補う

[有料会員限定]

JR東日本は地方のバス事業者らと連携し、交通系ICカード「Suica(スイカ)」の利用地域を拡大する。運用コストを引き下げ、マイナンバーカードとの一体化などの便利さも打ち出して事業者の採用を促す。新型コロナウイルス禍やテレワーク定着で乗客が減るなか、2025年度までにスイカの利用件数を月5億件に倍増させ、収益を支える。

「バスでスイカを使えないのか」。岩手県北自動車(盛岡市)には観光客からこんな質問が相次ぐ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り898文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン