/

この記事は会員限定です

不妊治療支援で人材つなぎとめ

2割が退職、企業も動く

[有料会員限定]

企業が従業員の不妊治療を支援する動きが広がっている。米国では巨大IT(情報技術)企業の社員に卵子凍結サービスなどを紹介するスタートアップが台頭。ビッグデータ解析やオンライン相談サービスも立ち上がり、日本でも小田急電鉄などが福利厚生として活用する。政府の助成拡大や保険適用の動きも背中を押す。

米グーグルや米マイクロソフトが人材獲得競争で頼りにする企業がある。体外受精や卵子凍結保存などの不妊治療支援をパッケージ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1147文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン