/

この記事は会員限定です

北朝鮮、外貨獲得巧妙に

仮想通貨盗み、資金洗浄 国連報告書案

[有料会員限定]

【ニューヨーク=吉田圭織、白岩ひおな】国連安全保障理事会で対北朝鮮制裁の履行状況を調べる専門家パネルがまとめた最終報告書案は、北朝鮮がサイバー攻撃による外貨獲得の手口を巧妙化させている実態を明らかにした。ハッカー集団の主導で暗号資産(仮想通貨)の窃取とマネーロンダリング(資金洗浄)で稼いだ外貨を核開発の資金にあてているとみられる。

報告書案によれば、北朝鮮は2019~20年、仮想通貨交換事業者など...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1097文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン