/

この記事は会員限定です

京阪HD、生活関連に力 「ビオスタイル」展開加速

「10年で売上高の2割に」

[有料会員限定]

京阪ホールディングス(HD)は健康や環境を意識し生活全般の質を高めるサービス群である「BIOSTYLE(ビオスタイル)」の展開を加速する。加藤好文会長は日本経済新聞の取材に対し、2021年3月期に全体の2%を見込むビオスタイル関連事業の売上高を「今後5~10年で最低でも全体の10~20%に伸ばす」と発言。新型コロナウイルス禍で厳しい主力の運輸業を補完する。

ビオスタイルを体現した事業には、有機野菜や自然食品の宅配、健...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り342文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン