/

この記事は会員限定です

経済学は自然を救えるか

[有料会員限定]

自然の経済への貢献度とはどのようなものなのか――。

経済学を学ぶ学生なら、資本や労働などの「生産要素」の投入量と「産出量」の関係を示す「生産関数」をよく理解しているはずだ。こうした関数は様々な前提条件に基づくが、経済学者はその多くを心得ている(例えば、資本や労働をいくら投じても、ある点を過ぎると投入量が生産量の増加に結び付かなくなる「収穫逓減の法則」を知っている)。

だが経済学者がほとんど思いをい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2749文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン