/

(START up X) 次世代の「主薬」はAI 人知を超える「インシリコ創薬」

時間とコスト半減も 最終面に続く

[有料会員限定]

スタートアップが創薬の現場を変えている。人の経験や勘を頼りに実験室(ラボ)で薬の元となる化合物を作っていたが、デジタル技術が代替。一般的に10年以上という新薬開発の時間軸を過去のものにしようとしている。人工知能(AI)やロボティクスなどを駆使した「インシリコ創薬」の胎動を追った。

「研究者が論文を精読できる時間は限られている。(関心のある疾患の)関連分野含めすべての情報を得るのは難しいが、解決の糸...

この記事は産業新聞ビューアーご購読者限定です。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン