/

この記事は会員限定です

航空事業、3万人体制に

25年度末までに ANA、2割を自然減

[有料会員限定]

全日本空輸(ANA)がグループの航空事業に携わる人員数を、2025年度末までに3万人体制とする計画案をまとめたことが5日わかった。20年度末に比べ約2割減る。デジタル技術の活用などで生産性を高め、一部職種を除く新卒採用の中止や離職といった人員減に対応する。コロナ禍で需要が低迷する中、航空事業の競争力を高め生き残りを図る。

ANAグループで商社などを除く航空事業に携わる人員は、格安航空会社(LCC)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り416文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン