/

この記事は会員限定です

減り続ける日本酒販売量 愛好者の高齢化進む

[有料会員限定]

日本酒の販売量は減り続けている。国税庁によると2019年度の日本酒(清酒)の販売量は45万2000キロリットル。ピークだった1975年度に記録した167万5000キロリットルから70%以上減った。「愛好者の高齢に伴い、1人あたりの飲酒量も徐々に減るのも影響した」(吉乃友酒造の吉田社長)という。

一方、甘い味わいが特徴の果実酒類やリキュール類の販売数量は増加傾向で、75年度か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り189文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら初回2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン