/

(トップに聞く) 栄一の理念、現代に生かす コモンズ投信会長 渋沢健さん

異質なもの合わせ価値

[有料会員限定]

「日本資本主義の父」と言われる渋沢栄一は、日本初の銀行など約500社の設立に関与した。14日から放映のNHK大河ドラマで主人公となるほか、新1万円札に採用され注目が高まる。玄孫(孫の孫)の渋沢健氏はコモンズ投信の会長を務める。資本主義と道徳・倫理を両立させようと唱えた栄一の理念を掘り下げ、金融を通じて持続可能な経済社会を目指す。

(聞き手は日経MJ編集長 鈴木哲也)...

この記事はMJビューアーご購読者限定です。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン