/

この記事は会員限定です

「組織委の女性はわきまえている」森氏の発言、批判さらに

選別の意識感じた、平等の流れに逆行

[有料会員限定]

東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長による女性蔑視とも受け取れる発言は「会議が長引く」に加え、「組織委の女性はわきまえている」も注目を集めた。参加者が男性中心の議論に出席してきた女性らは、その問題点を指摘。ツイッターでは、発言のあった3日夜から「#わきまえない女」との検索目印(ハッシュタグ)を付けた投稿が拡散し、共感する声が広がっている。

「男性たちは事前に決められたゴールに向けて誘導的...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り477文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン