/

この記事は会員限定です

グーグルとオラクル、米最高裁で対決 ソフトウエアの著作権問う

[有料会員限定]

今後のソフトウエア開発に大きな影響を及ぼす訴訟が米最高裁で進行中だ。米オラクルが米グーグルを、ソフトのプログラムに関する著作権侵害で提訴した訴訟だ。原告が勝てば、オープンなソフト開発の足かせになる可能性があり業界では懸念の声が広がっている。

「オラクルを勝たせたら、裁判所は米国のテック産業を崩壊させるとの意見があるが、反論はあるか」。2020年10月の口頭弁論で、最高裁のロバーツ長官はオラクル側を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り925文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン