/

この記事は会員限定です

五輪観客「来月にも判断」 コーツIOC副会長

中止論は否定

[有料会員限定]

【パリ=白石透冴】国際オリンピック委員会(IOC)のジョン・コーツ副会長は3日、東京五輪・パラリンピックに観客を入れるかどうかの判断を3月にも下すと表明した。新型コロナウイルスの感染拡大を懸念する声はあるが、開催する確率は「100%だ」として、中止論を否定した。

日本経済新聞とのオンライン形式の単独インタビューに応じた。コーツ氏は東京大会の準備状況を監督するIOC調整委員会の委員長を務める。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り577文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン