/

この記事は会員限定です

炭素税・排出権成功への道

[有料会員限定]

菅政権は2050年までに温暖化ガス排出をゼロにする野心的な目標を打ち出している。温暖化ガスの大宗を占める二酸化炭素(CO2)を効率的に削減するには市場機能を活用し、生産者・消費者の意識を誘導していくのが望ましい。それに用いられるのがカーボンプライシングだ。これには大きく分けて炭素税方式と排出権取引方式がある。

炭素税の場合はCO2の排出量に応じて課税を行う。日本の場合はCO2の排出源である化石燃料...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り737文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン