/

この記事は会員限定です

JR九州ドラッグイレブン、郊外出店にシフト

在宅普及や駅周辺客減で ツルハの手法も取り入れ

[有料会員限定]

JR九州ドラッグイレブン(福岡県大野城市)は郊外で大型店出店を加速する。従来はJR九州傘下で駅ビルや駅周辺に出店していたが、新型コロナウイルス禍によるインバウンド(訪日外国人)需要の消失やテレワークの浸透が逆風になっていた。2020年5月に親会社となったツルハホールディングス(HD)が持つ郊外型店舗の運営ノウハウを生かす。

畑井慎司社長が今後の新規出店を郊外中心にする方針を示した。年10店舗ほど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り761文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン