/

作業着スーツ時代にフィット 新興が先陣、大手2社も参入

機能性とデザイン両立 支持

[有料会員限定]

作業着の機能性とスーツのデザイン性を兼ね備えた「作業着スーツ」の売れ行きが急伸している。新興のオアシススタイルウェア(東京・港)が市場を切り開き、紳士服専門店の青山商事、作業服専門店のワークマンも参入した。どんな仕事のシーンにも対応できる使い勝手の良さが支持される理由だ。コロナ禍で在宅勤務が増えていることも人気を後押ししている。...

この記事はMJビューアーご購読者限定です。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン