/

この記事は会員限定です

作家 道尾秀介(3)

大先輩がくれた「変なもの」

[有料会員限定]

僧侶で芥川賞作家の玄侑宗久さんと知己を得て、もう何年になるだろう。もともと僕が大ファンで、講演会などに参加していたところ、編集者が本人に紹介してくれた。以来、いっしょにトークイベントをやらせてもらったり、お寺で対談をしたり、お互いの文庫本に巻末解説を書いたり、玄侑さんが僕の小説「ソロモンの犬」を気に入ってくれて「竹林精舎」という続編を書いてくれたり。有り難いやら恐れ多いやら、とにかく長いことお付き...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り630文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン