/

この記事は会員限定です

パナソニック、業績上方修正 今期純利益1500億円

減益幅縮小 テスラ事業、初の黒字へ

[有料会員限定]

パナソニックは2日、2021年3月期通期の連結純利益(国際会計基準)が前期比34%減の1500億円になりそうだと発表した。従来予想(56%減の1000億円)に比べて減益幅が縮小する。1日時点の市場予想平均(QUICKコンセンサス)の1181億円を大きく上回る。電気自動車(EV)大手の米テスラに車載電池を供給する事業が初めて通期で黒字化するほか、家電の好調も寄与する。

20年4~12月期の連結営業利益は2268...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1093文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン