/

この記事は会員限定です

三菱電、業績上振れでも株価は鈍く

今期純利益35%減、FAの中国比率の低さ響く

[有料会員限定]

三菱電機の株価がファクトリーオートメーション(FA)業界で出遅れている。安川電機ファナックほど中国の景気回復による需要を取り込めておらず、新型コロナウイルスの感染が広がる以前から自動車機器の収益が伸び悩んでいるためだ。2日には2021年3月期の業績見通しを上方修正したが、株価の反応は鈍い。市場の関心は来期以降のFA以外の事業の立て直しに移っている。

2日に発表した2021年3月期の連結純利益(国際会計基準)の見通しは前期...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り940文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン