/

この記事は会員限定です

TikTokがインド事業縮小 中印対立、アプリ再開不透明

2000人規模削減、撤退も

[有料会員限定]

【ムンバイ=早川麗】動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」を運営する北京字節跳動科技(バイトダンス)がインドの事業体制を大幅に縮小する。2000人超とされる現地社員を原則、解雇する。インド政府がアプリを禁止してから7カ月、再開のメドはなお立たない。同社にとってインドは1億人を大きく超える利用者がいた重要市場だけに影響は大きい。

「事実上の撤退」

グローバル事業の幹部が1月末、現地の従業員宛てのメールでリス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1503文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン