/

この記事は会員限定です

車走れる砂浜が存続危機 石川・千里浜海岸

海面上昇で幅縮小、沖合に砂投入し再生めざす

[有料会員限定]

国内で唯一、波打ち際を車で走行できる石川・能登半島の千里浜海岸で、砂浜の幅が狭まっている。波による浸食や地球温暖化による海面上昇が一因で、歯止めがかからなければ近い将来走れなくなる恐れもある。関係者は、砂浜の維持、再生に向け対応を急ぐ。

千里浜は石川県の宝達志水町から羽咋市にまたがる全長約8キロの海岸。うち約6キロは「千里浜なぎさドライブウェイ」として車で走行できる。東京五輪・パラリンピックの聖火...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り704文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン