/

この記事は会員限定です

「転売しないファンド」増加

安定成長目指し配当分配 事業承継の受け皿に

[有料会員限定]

後継者不足などの課題を抱える中小企業を引き継ぎ、経営が軌道に乗った後も株式を持ち続ける事業モデルの投資会社が増えている。株式が転売されることを理由にファンドへの事業承継を避ける企業オーナーが多いためだ。投資会社は引き継いだ企業を傘下に取り込み、グループとしての成長を目指す。経営者の高齢化や新型コロナウイルスの感染拡大などで事業承継の需要が高まる中、新たな受け皿として注目を集めている。

長野県諏訪市...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1389文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン