/

この記事は会員限定です

外国人バイトの「母」に

伴走するコンビニ店主

[有料会員限定]

「もう一度ここで働かせてくれませんか」。新型コロナウイルスの感染が広がり始めた2020年春、ネパール人の男子留学生、シュレスタ・ビマルさん(29)は、ローソンのコンビニ店オーナー、城戸美由紀さん(48)に頼み込んだ。

ビマルさんは以前、城戸さんが北九州市で経営するコンビニでアルバイトをしていた。通う大学から距離があるため、1年半ほど前にやむなく店を辞めたが、コロナで大学の講義はオンラインに。「城戸...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1220文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン