/

この記事は会員限定です

ダボス準備会合閉幕、中ロ首脳が存在感

各国、米新政権への不安も

[有料会員限定]

【ウィーン=細川倫太郎】世界経済フォーラム(WEF)が主催したオンライン会合「ダボス・アジェンダ」が29日、閉幕した。各国首脳からは、国際協調路線を掲げるバイデン米政権への期待の声が相次いだ。ただ新政権がトランプ時代の「自国第一主義」をどこまで修正するかは未知数で警戒心もにじんだ。

今回は5月にシンガポールで開く年次総会(ダボス会議)の準備会合との位置付けで、「信頼回復に向かう重要な年」というテー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り553文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン