/

この記事は会員限定です

米SEC、取引停止を調査

株乱高下で監視強化

[有料会員限定]

【ニューヨーク=宮本岳則】米証券取引委員会(SEC)が直近の株価乱高下で投資家や証券会社への監視を強めている。個人投資家を主要顧客とする一部の米証券会社が個別株の取引を一時停止した問題を巡って、調査を始めると29日発表した。ヘッジファンドなどプロの投資家は売買を続けていたため、「個人が不利な状況に置かれた」との批判が米議会から出ていた。(関連記事総合面に

米株式市場ではヘッジファンドによる空売り...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り664文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン