/

この記事は会員限定です

建機大手の株価、海外勢に見劣り

コマツや日立建機、東南アの需要回復が左右

[有料会員限定]

コマツ日立建機の株価が海外大手に出遅れている。公共投資で拡大した中国市場での建機の伸びが海外勢に比べ鈍いことが原因だ。日系大手が強い東南アジアなど新興国市場の回復力が今後の株価を左右しそうだ。

コマツや日立建機が29日に発表した2020年4~12月期の中国市場での建設機械や車両の売上高は、それぞれ13%増の1061億円と5%増の615億円だった。

中国市場では米韓などのメーカーは4割などと大きな伸びが目立った...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り991文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン