/

この記事は会員限定です

コロナ下集客 技術で救う

広がる「EC+店頭受け取り」 流通大手と新業態探る

[有料会員限定]

商品をネット注文し店頭で受け取るサービスを巡り、スタートアップが大企業と組む場面が増えている。このサービスは「BOPIS(ボピス)」と呼ばれ、新型コロナウイルス下で電子商取引(EC)の需要が増える中、実店舗の生き残りを探る小売り大手が注目。若い企業が店舗運営の基盤を提供し、流通変革の下支えとなっている。

「本当にここから商品が出てくると思わなかった」。東京・墨田区の吾妻橋にあるコンビニエンススト...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1087文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン