/

この記事は会員限定です

AIで認知症診断、表情から早期発見

[有料会員限定]

東京大学

 東京都健康長寿医療センターと共同で、人工知能(AI)を使って認知症かどうかを顔の表情などで判別する方法を開発した。認知症の患者の写真でAIを学習させると92%以上の確率で見分けられた。認知症の前段階である軽度認知障害(MCI)の診断につながると期待される。

認知症の患者は、実年齢に比べ老化が進んで見えるなどの特徴があるとされるが、精度の高い判別は難しい。問診に加え、脳脊髄液の採取や脳画像の撮影に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り200文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン