/

この記事は会員限定です

見えづらい生理の貧困 商品購入、負担を減らそう

詩人・社会学者 水無田気流

[有料会員限定]

昨年11月、スコットランド議会は住民への生理用品の無償提供を全会一致で決定した。ニコラ・スタージョン首相は「必要とする全ての人に、生理用品を無料提供する世界で最初の国になる」と宣言。今後は学校などで生理用品の無償提供が義務づけられることとなり、公共施設も政府が無償提供を要請できることとなった。

たかが生理用品? そう思える人は女性たちがひそかに苦しめられている「生理の貧困(Period Pove...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り742文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン