/

この記事は会員限定です

時短違反に過料30万円以下

入院拒否など刑事罰削除 関連法改正案

[有料会員限定]

自民、立憲民主両党は28日、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた関連法案の修正で合意した。感染者が入院を拒んだ場合に「1年以下の懲役または100万円以下の罰金」を科すと定めていたが「50万円以下の過料」に変更する。前科が残る刑事罰は全て削除し、行政罰にする。

関連記事政治経済面に

保健所の調査を拒否した人への刑事罰「50万円以下の罰金」も削り「30万円以下の過料」にする。緊急事態宣言下で事...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り237文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン