/

この記事は会員限定です

<寄稿>インドネシアの水素開発 日本と協力、互いに利益

プルノモ・ユスギアントロ・センター フィルダー・ユスギアントロ氏、ラディツヤ・マルゲンタ氏

[有料会員限定]

水素が再生可能エネルギーの一つとして注目されている。インドネシア政府は水素エネルギーの開発で日本に協力を求めるべきだ。

日本は水素で走る燃料電池車(FCV)や水素ステーションを増やし、2050年までに水素エネルギーの使用を最大限に高める目標を掲げる。達成には国際協力を拡充して水素エネルギーのエコシステム(生態系)を構築する必要がある。

インドネシアは再生エネ投資の呼び込みに焦点を合わせ、新たな規制...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り597文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン