/

この記事は会員限定です

大学入試、変更・中止116校

遠隔面接や実技取りやめ

[有料会員限定]

文部科学省は27日、国公私立の大学・短大116校が、新型コロナウイルス感染拡大の影響で個別入試の中止や方法変更を決めたと発表した。感染リスクを避けるため、面接や実技試験を取りやめたり、会場を変更したりする動きが広がった。

(関連記事を社会1面に)

国公私立大の一般選抜(一般入試)は2月から本格化し、3月下旬まで続く。同省は各大学から報告があった入試の変更点をまとめ、ホームページで公開している。27日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り391文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン