/

この記事は会員限定です

効率テレワーク 企業探る パソナ、定時パソコンオフ

日立、上司が1日1回会話 勤務管理の手法課題に

[有料会員限定]

テレワークで効率的な働き方が課題になっている。仕事とプライベートの境界が不鮮明で、長時間労働になりやすいほか、生産性が下がるケースがある。対策としてシステム構築を手掛けるサーバーワークスは夜間メールやチャットを禁止。日立製作所は上司が1日1回、会話を通じて社員の仕事環境を確認する。多様な働き方をテレワークで実現するには、時間管理をベースとする働き方の見直しが避けられない。

日本生産性本部が12~13日に1100人を対象にし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1389文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン