/

この記事は会員限定です

ワクチン接種 初の訓練

厚労省と川崎市、想定より問診に時間

[有料会員限定]

厚生労働省と川崎市は27日、新型コロナウイルスのワクチン接種会場の運営訓練を合同で実施し、標準的な体育館で1日300人程度を接種できると確認した。想定よりも医師の問診に時間がかかるなどの問題も明らかになった。「密」を避けつつ集団接種を効率的に行うには、会場も人員もなお足りない。副作用への備えにも万全を期す必要がある。

訓練会場は川崎市立看護短期大学(川崎市)の体育館を選んだ。各自治体も会場に体育館...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1144文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン