/

伊藤忠、異例の社長「3年」交代

岡藤会長、「3冠」後に焦り?

[有料会員限定]

伊藤忠商事は13日、鈴木善久社長が交代し石井敬太専務執行役員が昇格する人事を発表した。鈴木氏は社長就任から3年ほどしかたっておらず、最低約6年は務めることが多かった前例から見ると異例だ。同社は今期、株価・時価総額・純利益で悲願の業界3冠を実現する見通しの中でのサプライズ人事は岡藤正広会長CEO(最高経営責任者)が主導した。3冠達成後への焦りが見え隠れする。

「(次期社長を打診されたときは)正直、...

この記事は産業新聞ビューアーご購読者限定です。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン