/

米アパレル、香港から拠点移転

物流・消費ハブの魅力低下 上海・シンガポールに分散

[有料会員限定]

【香港=木原雄士】「ザ・ノース・フェイス」や「ティンバーランド」などで知られる米アパレル大手VFコーポレーションは香港に置くブランドやサプライチェーン(供給網)の拠点を中国の上海とシンガポールに移すと決めた。外資系企業の間では、物流ハブや消費市場としての香港の魅力が低下したとの評価が出ている。

VFコーポは「ヴァンズ」や「ディッキーズ」を含む複数のアウトドアウエアやスニーカーのブランドを傘下に持...

この記事は産業新聞ビューアーご購読者限定です。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン