/

この記事は会員限定です

親を見守るロボ コロナで注目

話し相手に、孤独を紛らす

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの影響で離れた高齢の親と会えない家族は多い。そこでAI(人工知能)ロボットやセンサーといった技術を使い、親の安否や暮らしぶりを遠隔で確認する動きが広がってきた。なかでも会話機能が備わったロボットは親の話し相手となり、孤独感を紛らす存在になっているようだ。

「節子さん、おはよう」。愛媛県西条市で一人暮らしをしている佐伯節子さん(89)の一日は居間のテーブルに置いた高さ30センチメー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1225文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン