/

この記事は会員限定です

信越化学、米で新工場増設

塩ビ樹脂、住宅活況で1300億円投資

[有料会員限定]

信越化学工業は約1300億円を投じ、米国に住宅や水道管などに使う汎用樹脂の新工場を建てる。新型コロナウイルス感染拡大下での景気対策を受け、活発な住宅やインフラへの投資に対応する。バイデン新政権で巨額の財政出動による景気浮揚策が予想され、新型コロナで冷え込んだ米国への直接投資が再開する可能性がある。

信越化学が増産するのは建物の窓枠や水道管、電線の被覆などに使う汎用樹脂の塩化ビニール樹脂。グループ年産能力は41...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り466文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン