/

この記事は会員限定です

まちづくり ランナー主役

高齢化進む茨城・下妻、にぎわい回復策 独自の資産生かす

[有料会員限定]

高齢化率の上昇や地域産業の衰退が課題となっている茨城県下妻市がランニングなどのスポーツを核にした地方創生に取り組んでいる。筑波大発ベンチャーや東京マラソン財団が協力。官民連携で人を呼び込み、にぎわいを作るモデルになるか注目される。

「メリハリある景色で楽しかった」。2020年11月、下妻市の中央に位置する「砂沼」湖畔の1周6キロのコースを走った同県かすみがうら市の会社員、大木孝利さん(50)は汗を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1124文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン