/

この記事は会員限定です

都内の休廃業・解散 最多

昨年、23%増の1万2357件 飲食業など支援求める声

[有料会員限定]

東京商工リサーチによると、2020年の都内企業の休廃業・解散は1万2357件で19年から23%増えた。記録がある1999年以降で最多となった。新型コロナウイルスに伴う外出自粛などで収益が悪化した飲食などで増加が目立ち、支援の強化を求める声が出ている。

感染の長期化による事業環境の不透明さに加え、経営者の高齢化と後継者難もあって債務が膨らむ前に事業を手じまいする動きが広がったとみられる。休廃業企業全...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り697文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン