/

この記事は会員限定です

訪日客、コロナ後「必ず復活」 EZOCA、地域通貨目指す

サツドラホールディングス社長 富山浩樹氏

[有料会員限定]

サツドラホールディングスの富山浩樹社長は、相次いで進めた外部との知の共有に手応えを感じている。2020年に苦しんだ新型コロナウイルス危機はトンネルの出口が見えないが、「地域貢献型事業への転換を早めるきっかけになった」と前を向く。

――インバウンド特化型の店舗が新型コロナウイルス危機の直撃を受けました。

「影響は当然大きかったが、新型コロナが長引くという前提で過去最大規模の閉店を素早く実施できたのは良い判断だった。新型コロ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り875文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン