/

異端児セコマ「継続」で快走 コロナ禍でも増収

レジ袋無料・マスク増産 地域と協力し課題解決

[有料会員限定]

2020年はコンビニエンスストアも新型コロナウイルスの猛威にさらされた。20年12月まで3カ月の既存店売上高(前年同月比)はセブンーイレブン・ジャパンなど大手3社がいずれもマイナスに落ち込む一方、セコマはプラスを確保した。環境配慮のレジ袋を無料配布し、街中にマスクがあふれても増産に動いた独自の戦略を読み解く。

20年7月に始まった「レジ袋有料義務化」をセコマは見送った。約6カ月経過した12月でも無...

この記事はMJビューアーご購読者限定です。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン