/

この記事は会員限定です

(社説)東南ア高速鉄道は計画精査を

[有料会員限定]

マレーシアとシンガポールが両国間の高速鉄道の建設計画を撤回した。財政圧迫に新型コロナウイルス危機が重なり、費用圧縮策を協議したが、折り合えなかった。日本も官民一体で参画を目指していただけに残念だが、これを機に東南アジア各国で目白押しの計画は採算性を改めて精査すべきだ。

マレーシアの首都クアラルンプールとシンガポール間の約350キロメートルを90分で結ぶ構想は、2013年に両国が合意し、16年に正式...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り600文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン