/

この記事は会員限定です

首都圏新築マンション 発売戸数12.8%減

昨年、28年ぶり3万戸割れ

[有料会員限定]

不動産経済研究所(東京・新宿)は25日、2020年の首都圏の新築マンション発売戸数が前年比12.8%減の2万7228戸だったと発表した。新型コロナウイルスで営業を一時自粛したことなどが響いた。3万戸を下回るのは、バブル崩壊後の1992年以来。一方、在宅勤務の普及に伴い郊外の物件が人気を集めるといった新たな動きもあった。

20年12月の発売戸数は前年同月比15.2%増の7362戸だった。20年夏以降...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り283文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン