/

この記事は会員限定です

米住宅、コロナ下13%高騰 富裕層向けがけん引

低所得層は打撃 格差拡大、新政権火種に

[有料会員限定]

【ニューヨーク=大島有美子】米国で住宅価格の高騰が止まらない。新型コロナウイルスの感染拡大前に比べ価格は13%上昇し、過去3年間での上げ幅は25%に達した。富裕層向けが活況な一方で低所得層の住宅難も顕在化しており、「住宅格差」がバイデン新政権の新たな火種となる恐れもある。

「全米から問い合わせが絶えない」。別荘が立ち並ぶ南部フロリダ州パームビーチの不動産業者は問い合わせの対応に追われる。米国はコ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1637文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン