/

この記事は会員限定です

設備投資計画比2.9%減 今年度本社調査

1割の企業は上方修正、脱炭素・医療に重点

[有料会員限定]

日本経済新聞社がまとめた2020年度の設備投資動向調査(20年11月末時点の修正計画)で、全産業の投資額が当初計画(同6月末時点)に比べて2.9%減る見通しだ。減少幅はデータのある1990年以降で最大で新型コロナウイルス禍が響いた。一方、脱炭素や医療など成長領域で投資を積み増す企業もある。(関連記事企業面、詳細を25日付日経産業新聞に

調査は上場企業と資本金1億円以上の有力企業958社を対象に集...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り812文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン