/

この記事は会員限定です

佐藤、北島杯200平連覇 世界歴代4位の好記録

想像以上の結果、持久力向上効果

[有料会員限定]

競泳の北島康介杯最終日は24日、東京辰巳国際水泳場で行われ、男子の200メートル平泳ぎは佐藤翔馬(東京SC)が日本記録まで0秒11差に迫る2分6秒78の好タイムで優勝した。

200メートル個人メドレーは萩野公介(ブリヂストン)が1分58秒62で勝った。

女子の200メートル個人メドレーは大橋悠依(イトマン東進)が2分9秒86、200メートル平泳ぎは青木玲緒樹(ミズノ)が2分24秒83で1位となった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り405文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン