/

この記事は会員限定です

(政策を聞く〈原発新増設〉)福島教訓にゼロめざす

立民・エネルギー調査会会長代理 近藤昭一氏

[有料会員限定]

一国のリーダーが脱炭素宣言をするのは重要なことだ。だからといって原発の再稼働や新増設はあってはならない。

東京電力福島第1原発事故で今なお生まれ住んだ故郷に帰れない人は多い。実効性のある避難計画さえ作れない原発の再稼働はすべきでない。

福島の悲惨な事故を機にドイツやベルギーなど脱原発に政策転換した国もある。日本も原発ゼロを進めていくべきだ。

政府は2050年の脱炭素社会の実現に向けた行動計画で小型...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り365文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン