/

この記事は会員限定です

26日 春季労使交渉スタート

コロナ下、脱・横並び加速へ

[有料会員限定]

経団連が26日に「労使フォーラム」を開き、2021年の春季労使交渉が事実上スタートする。デジタル関連など人材不足が目立つ業種がある一方で、新型コロナウイルスの影響で観光や飲食など事業や雇用が維持できるかどうかの苦境に立たされている業種もある。このため安倍晋三政権時代に続いた官主導で賃上げを求める「官製春闘」は一段と鳴りを潜め、各業界・各企業の実情に合わせて賃金のあり方を議論する脱・横並びの交渉が広...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1338文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン