/

この記事は会員限定です

鉄道安全対策 道半ば

ホームドア設置、目標の5割

[有料会員限定]

JR新大久保駅で2001年に起きた事故は鉄道ホームの安全の課題を浮き彫りにした。鉄道各社が非常停止ボタンの周知や転落検知マットの設置、ホーム下の退避スペースの整備など再発防止策に取り組むきっかけになった。

ただホームからの転落事案は後を絶たない。最も有効なホームドアの設置が道半ばなた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り144文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン